ペアーズというfacebookの恋活アプリです
pairs
女性は完全無料で利用することが出来ます。男性も1ヶ月3,000円から利用できます。
累計会員数が170万人を突破!真剣にパートナーを探している20代~30代が多く登録しているようです。

≫価値観や趣味の一致を重視する人にピッタリのアプリです




pairs-ペアーズ-を使って女性と出会えたkさん(仮名)のスペック
年齢:29歳
職業:テレビ局のAD
性別:男性
身長:165cm
体重:55kg
彼女いない歴=29年

やっとオタクが市民権を得たというのに、何がクールジャパンだ!とオタクは「キモい」というのが本音だろうと思いながら29年…当然ながら彼女はいなせん!テレビ局のADで働いていますが、世間からみればこき使われるフリーターです。

ある番組の会議で『出会い系サイトの全ては詐欺なのかどうか』を検討するという内容の事をやることになり、ちょうど冴えない人見知りの俺が最適と言われ、登録して実際に会ってこいと言われました。
Facebookでペアーズの投稿をみて興味をもったので、ペアーズに登録しました。ネットの口コミサイトで確認したらサクラもいなく信頼性は高いとのことです。

ペアーズはFacebookを使う婚活サイトで、婚活の活動が友人や家族にバレないように、ペアーズ側の配慮がありました。Facebookで10人以上友達がいなければ登録できないシステムで全て実名で登録されています。もし怪しいと思ったら、投稿内容とか確認できます。

とりあえず、私はあるラジオのパーソナリティーという女性に「いいね!」を送りました。それからすぐに女性から「いいね!」と返してくれまして、勇気だしてメッセージを送ってみることに。

二回目から男性は有料となるところが怪しいなと思いましたが、今回の料金は取材費の経費で落とすということなので、一般男性ならここで終わりにするんじゃないだろうか思いながらも、5回くらいメッセージを送って、お互いのアカウントを公開しました。

なんと彼女は私の地元のラジオ局に勤めていたのです。ケーブルテレビの取材やレポーターもしており、なんか話が合うかな?と思いました。
とりあえず彼女と自分が住んでいる地域のちょうど中間にある地方都市で以前取材に行った喫茶店を指定して会ってみることにしました。

彼女の口調は淡々としていて、同業者のカンでしょうか、「取材ですか?僕はB局のADでして番組の取材として登録しました。」と言ったら、やっぱりみたいな顔していました。彼女も同じ目的でした。彼女は33歳とは見えないスラッとした美人でしたが、さすが同業者。性格はサバサバして、飲み屋にいる親父みたいです。

気がつけば今後のメディアの事とか、これからの地域局のあり方とか仕事の夢や目標を話していました。彼女が別れ際に「ケーブルテレビに興味があったらいつでも履歴書を持ってきて、面接するから。」と笑いながら出ていきました。

自分は職場に帰り、彼女が同業者のことをふせて、OLですごく綺麗な人で結婚相手を本気で探していた。と報告しました。「さえないフリーターで人見知りの男はちょっと物足りない。」と振られたと報告しました。

あれから5年、今は自分の地元で彼女にドヤされながら取材の毎日です。